更年期障害とは

更年期障害とは

個人差はありますが、女性ホルモンが減少し始める年齢は30代後半〜40歳と言われています。
そして、この女性ホルモンが減少する時期を「更年期」と言い、更年期とともにカラダに障害が起きてしまう状況を「更年期障害」と言うわけです。

これはどんな健康な女性でも、早かれ遅かれ必ず起きてしまう現象と思って頂いて結構です。

30代後半から始まる更年期ですが、初期症状としてはホットフラッシュ、めまい、肌の乾燥などが見られます。
みずみずしさが失われるのはお肌だけではなく、髪のパサつきも目立つでしょう。
そして、生理の周期が乱れ最終的には閉経になります。

今まで遅れたことがなかった生理周期も更年期から急に乱れ始めるのはあるあるのお話。カラダだけではなく、精神的にもイライラし始めます。
今まで思わなかった不安を感じたり、物事もネガティブに捉えがちと精神的な変化も訪れます。

もしこのような症状を感じたら、女性ホルモンをしっかりと蓄えておきましょう。
最初は美容目的の方も多いと思いますが、人間関係も崩れかねないとても危険な症状です。
まずは女性ホルモンを意識することから始め、ホルモンバランスを整える努力をしてみましょう。